読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虚苦心観察ブログ

ブログ管理者である虚苦心が私利私欲に基づいて書いているブログです。主にガジェットのレビューだったり、画像処理のことだったりを記事にしています。

OpenCVをEclipse、AndroidStudioで使うときの設定

はじめに

OpenCVは画像処理をするためのC/C++ライブラリ。
現在最新版は3.0となっているが、Android版は出ていません。
理由はしらないのですが、おそらく純C++で書かれている(2系はCで書かれていてそれをC++で使えるようにしていた)ため、Androidでそのまま使えないことが理由と思われる。

したがってここでは2系の最新版2.4.9を使うものとする。

OpenCVは適宜ダウンロードしましょう。
またOpenCV Managerを使わない方法を説明します。

Eclipseでの設定

AndroidOpenCVの準備

ダウンロードしたAndroidOpenCVを解凍し、OpenCV-2.4.9-android-sdk\sdk\java をインポートします。

これを別プロジェクトのライブラリとして設定します。

また、OpenCVの本体は.soファイルで.jarファイルと異なりライブラリとして設定しただけでは動きません。
ここまでの設定でアプリを起動し、OpenCVメソッドを実行するとUnsatisfiedLinkedErrorという例外が発生してしまうので注意。

.soファイルの配置

ndkを使わない方法

ここでは単体アプリとして動作することを目標とするので、.soファイルをアプリのプロジェクトのlibsディレクトリにコピーします。
OpenCV-2.4.9-android-sdk\sdk\native\libs 以下にあるディレクトリごとアプリのプロジェクト直下にあるlibsプロジェクトにコピー。

ndkを使う方法

.soファイルの配置方法はもうひとつあり、ndk-buildを使用する。
この方法では、プロジェクト直下にjniディレクトリを作成し、その下にAndroid.mkを作成する。
中身は以下。
```
include $(CLEAR_VARS)

# OpenCV
OPENCV_CAMERA_MODULES:=off
OPENCV_INSTALL_MODULES:=on
include C:\\\\OpenCV-2.4.9-android-sdk\\sdk\\native\\jni\\OpenCV.mk
```
作成後、jniディレクトリを作成したプロジェクトの直下でndk-buildを実行するとlibs以下にアーキテクチャごとの.soファイルが配置される。

プログラム側での設定

ライブラリとして設定するとプロジェクト内でOpenCVのクラスが利用できるようになっています。
ActivityやApplicationクラスのonCreateメソッド内でinitDebugメソッドを使うことでlibs以下に配置した.soファイルをロードします。

これでEclipseの設定は完了。

Android Studioでの設定

AndroidOpenCVの準備(主にGradleの設定)

ImportモジュールでOpenCV-2.4.9-android-sdk\sdk\java をインポートする。Eclipseのプロジェクトだがこれをモジュールとしてインポートすることができる。
モジュールとしてインポートした場合、直下のディレクトリにbuild.gradleファイルが出来上がり、トップディレクトリのsetting.gradleにモジュールが追加されているはずである。モジュールのディレクトリアイコンがただのディレクトリと違うものになっていればOK。
そうでなければsetting.gradleにモジュールを追加する。
アプリのモジュール名がapp、モジュール名がopencv-javaなら以下のようになる。
```
include ':app', ':java'
```
またアプリのbuild.gradleにはopencv-javaモジュールと関連付けるために以下の設定を追記します。
```
dependencies {
compile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])
compile 'com.android.support:appcompat-v7:21.0.2'
compile project(':opencv-java') ## <<この行を追記する。ほかはそのまま
}
```

gradleファイルを変更したらsync project with gradle filesを実行することを忘れないように。

.soファイルの配置

Android StudioではNDKによるビルドはまだ敷居が高いです。
なのでここでは.soファイルの配置方法だけ説明します。
.soファイルの配置場所はappモジュール、opencv-javaモジュールのどちらでも良いのですが、<モジュールトップディレクトリ>/src/main/jniLibs以下に配置します。
配置方法はエクリプスと同じで、jniLibs/<アーキテクチャ名>/<.soファイル群>となっていれば良いです。

プログラム側での設定

残りはプログラムを書き、ActivityやApplicationクラスのonCreateでOpenCVLoader.initDebug()を実行すれば完了です。