読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虚苦心観察ブログ

ブログ管理者である虚苦心が私利私欲に基づいて書いているブログです。主にガジェットのレビューだったり、画像処理のことだったりを記事にしています。

Visual Studio 2015 で LLVM/Clang 3.6.2 をコンパイルする

LLVM/Clangはコンパイルのハードルが高いと思っていたのですが、そこまで大変ではないらしいことを知りました。

KMC Staff Blog:LLVM/Clang 3.6.2をVisualStudio 2013 Expressでビルド

上記の記事よりVisual Studioのバージョンが新しいのですが、コンパイルを試みました。 そしたらなぜかコンパイルエラーが。

Severity Code Description Project File Line Error C2664 'void llvm::BitstreamWriter::EmitRecordWithBlob<uint64_t>(unsigned int,llvm::SmallVectorImpl<uint64_t> &,llvm::StringRef)': cannot convert argument 3 from 'clang::serialization::DeclOffset *' to 'llvm::StringRef' clangSerialization  C:\Users\kyokushin\ProgramingLibraries\llvm-3.6.2.src\tools\clang\lib\Serialization\ASTWriter.cpp   2815

Visual Studioのバグでdataというテンプレート関数が別のインクルードファイルに含まれているテンプレート関数を呼び出してしまっているらしい。
エラー文からいくつかキーワードを引っ張ってググってみるとそれっぽいバグ報告を見つけた。

Bug 25650 – Cannot compile clang 3.7.0 with msvc 14 (2015)

このバグ報告によれば新しいClangでは直っているようです。なのでClang3.8.1のソースをダウンロードしてどのような変更があったのかを直接みました。 Clang3.8.1ではdataというテンプレート関数をbytesという名前に変更していることがわかり、同様の変更を加えてみました。

変更するファイルは一つ。
clang/lib/Serialization/ASTWriter.cpp

ファイル先頭にあるテンプレート関数dataを引数などはそのままで関数名のみをbytesに変更します。 同じファイル内でテンプレート関数dataを呼び出しているところをbytesに変更します。 一括置換で簡単に変更することができますが、dataというメソッド名も存在するので注意。 先頭にスペースを入れた" data("を検索文字列にすると対象となるテンプレート関数だけが置換できます。

変更後コンパイルしてみましたが、エラーなくコンパイルが終了しました。
こういうことがあると本当にVisual Studioはクソだなーって感じますね。