読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虚苦心観察ブログ

ブログ管理者である虚苦心が私利私欲に基づいて書いているブログです。主にガジェットのレビューだったり、画像処理のことだったりを記事にしています。

pebble Kickstarter Edition

届いてからもう3週間ほどたってしまっているのですが、pebbl についてレビューしようかと。

pebbleの箱。この状態で運ばれてきました。
f:id:ysuzuki116:20130416203853j:plain

腕につけてみたところ。
バックライトなしでも視認性は高いです。
f:id:ysuzuki116:20130416210140j:plain

そもそもpebbleって?

pebble とは最近騒がれているスマートウォッチに類するガジェットです。
スマートウォッチはAppleが作っているらしい、Googleがー、Microsoftがーと話題になっていました。

そんなスマートウォッチの先駆け的な存在です。

何ができるの?

スマートウォッチというくらいですから基本的に時計です。
当たり前だけど基本って大事。Sony から MN2 っていうスマートウォッチが出ていたのですが、今考えるとあちらは時計という機能がだいぶ蔑ろにされていて使いづらかったです。

それから盤面がカスタマイズできます。
今は有志によって開発されていて様々な盤面を手に入れることができます。
以下がそのサイト。pebble と接続したスマートフォンからアクセスすることで盤面がインストール出来ます。
Pebble Watchapp Directory - Pebble Forums

私のお気に入りはどーもくんの盤面。時間が変わるごとに口をパクパクするのが良い感じ。
Watch Face: Noms - Pebble Forums

他にできることはと言うと、メールの受信と電話の着信通知。
さらに簡単なアプリケーションをインストールできるので、いろんなことができます。

pebble VS MN2

他のスマートウォッチとの比較ということで私が持っているMN2と比較してみようと思います。

時計としての役割

pebble >>> MN2

これはpebbleの圧勝です。

MN2 は単体で動くことができず、常にスマートフォンと接続している必要があります。接続が断たれると時計の表示はなんとかできますが、一度電源を切ると時計すら表示出来ません。
さらに言えば、画面が普通の液晶のため点きっぱなしだと電池を消耗してしまうため、画面はすぐに消えてしまい、時間を確認するために、電源ボタンを押すか、振らなければなりません。

それに比べpebbleは初回起動時にスマートフォンと接続すれば、接続を断とうが電源を切ろうがちゃんと時計を表示してくれます。
盤面は電子ペーパーを利用しているため、常に表示されているという点も良いです。

視認性

pebble > MN2

pebble の盤面は常に表示されていて、見る角度によって見えないということもありません。
MN2 の画面は基本的に消えており、自分で付けないといけません。視認性とは違うかもしれませんが、この点はマイナス。つければその視認性は液晶と同じなので問題有りません。

カスタマイズ(盤面編)

pebble >> MN2

これはMN2には無い機能なので比較になりません。
MN2はサードパーティによる盤面のカスタマイズはサポートしていないからです。

カスタマイズ(アプリ編)

MN2 > pebble

これに関してはMN2が勝ります。
なぜかというと、MN2は時計と言うよりはスマートフォン第二画面として機能するため、スマートフォンが許す限りの機能を提供できるからです。
ただし、やはりスマートフォンとセットが絶対な点がマイナス。それ故に強力であることは確かですが、単体で使えないのはどうかと。

pebble は MN2 とことなり時計自体にアプリをインストールすることが可能です。
そのため、機能はだいぶ劣りますし、インストールできるアプリの数もかなり少ないです。
が、pebble 単体でアプリを動かすことができる点は個人的には高評価。

操作性

pebble > MN2

僅差でpebbleかな。
正直、人によって好みがわかれるかと。

pebble には、決定、戻る、選択ボタン1・2の4つのボタンがついており、それですべての操作を行うことができます。
ボタンなので操作がわかりやすい点が良いですね。ただボタンが硬い。

対してMN2は近代的なタッチパネル。アプリによってはタッチパネルを生かしたものも。しかし、画面が小さいことが災いして操作性が良くないのが難点。

バッテリーの持続時間

pebble == MN2

これに関してはほぼ互角。
両方共激しく使わなければ1週間は持ちます。

防水性能

pebble >> MN2

pebble は5気圧防水なのに対して MN2 は防滴対応なので比べようがありません。
ただ pebble も5気圧防水なので水に潜ったりとかはダメで、シャワーとか洗い物で水がかかるのが大丈夫な程度。つまり日常生活で水がかかるくらいなら問題ありません。

ベルトの交換

MN2 > pebble

MN2の勝ちでしょうか。
MN2は時計と言いながら、本体はクリップ形式なのでいろんなところに付けることができます。さらに時計用のシリコンベルト、市販のベルトを取り付けられる台座が標準で付いてる点も良い点。

pebble は本体にベルトが付いているため交換できないみたいなのでこれに関してはどうしようもない。
と、思いきや交換されているかたがフォーラムにいました。どこで見たかは忘れましたが。もしかしたら市販のベルトと交換できるのかもしれません。

総評

pebble >> MN2

私的には pebble の圧勝です。
pebble が一番評価できる点は、単体で機能する点。それ故に使い勝手が良く、それなのに電池も持つ、基本である時計としての役割を果たしている。MN2に勝てるわけがないのです。

おわりに

pebble いかがだったでしょうか?
pebble はスマートな機能と時計としての機能のバランスが絶妙だと、私は思っています。
腕につけて使う以上、人間が操作できることに限りがあるのでスマートフォンからの通知と遊び心。この2つが大事なんじゃないかなと。

今のところ Kickstarter で投資した人しか手に入れることができないガジェットなので、この記事を見てすぐ買うことはできませんが、将来発売された時の参考にしていただけたら幸いです。

今回はMN2をかなりけなしていますが、アレはあれで割り切った設計になっているおかげで遊べるものになっているので悪いものではありません。
しかし、あれは時計ではありません第二画面なのです。
その点だけ評価すればいいものなのですけどね。